エヴェレスト街道トレッキング・ゴーキョ・ピーク《T》

山行日 2012.2.22(水)〜2012.3.4(日)
山域 ヒマラヤ山脈:ネパール・クーンブ地方サガルマータ国立公園(世界自然遺産登録)     
トレッキング
行程表
 1Day 2/22(水) 関空〜タイ:バンコク経由ネパール:カトマンドゥ・泊  2Day 2/23(木) カトマンドゥ〜ルクラ(2840m)〜パクディン(2610m)・泊
 3Day 2/24(金) パクディン(2610m)〜ナムチェ・バザール(3440m)・泊  4Day 2/25(土) ナムチェ・バザール高度順応日 シャンボチェの丘(3880m)
 5Day 2/26(日) ナムチェ・バザール(3440m)〜ポルツェ・テンガ(3680m)・泊  6Day 2/27(月) ポルツェ・テンガ(3680m)〜マッツェルモ(4470m)・泊
 7Day 2/28(火) マッツェルモ(4470m)〜ゴーキョ(4790m)・泊  8Day 2/29(水) ゴーキョ(4790m)〜ゴーキョ・ピーク(5360m)〜マッツェルモ(4470m)・泊
 9Day 3/01(木) マッツェルモ(4470m)〜ポルツェ(3810m)・泊 10Day 3/02(金) ポルツェ(3810m)〜タンボチェ(3860m)〜ナムチェ・バザール(3440m)・泊
11Day 3/03(土) ナムチェ・バザール(3440m)〜ルクラ(2840m)・泊 12Day 3/04(日) ルクラ(2840m)〜カトマンドゥ

↓画像クリックで拡大・縮小・移動:閉じる時も画像をクリック。

タイ国際航空のチケット
関空で
もう直ぐバンコク

漠然としたネパール旅が一気に具体化したのが昨年11月。それと言うのも2週間+αもの
休暇申請が認められた^^)早速、チケットを手配するが此処はやはりタイ国際航空が少々
高いが出発同日現地着と便利だ。現地ツーリストとは数社メールのやり取りで希望を伝え
最も意に沿った"望トレックス&エクスペディションズ"に決定。神々の座を間近に見るなら

機内食
バンコク・スワンナプーム空港
TG319へ

カラ・パタール(12泊13日)ですが、直ぐに欠航するルクラ便の不安定さを考慮するともう
少し日数の少ないゴーキョ・ピーク(10泊11日・何れもカトマンドゥ発帰着)に決定します。
この時期、5000mを越えるゴーキョ・ピーク辺りでは積雪の可能性大、との情報で軽アイ
ゼンを含めた冬山装備のパッキングを開始するが、手持ちのスーツケースでは収まらず

エヴェレスト(8848m)にローツェ(8516m)
マカルー(8463m)
チョーオュー(8201m)

慌てて90g越のスーツケースを購入。準備万端で出発当日を迎える。出発時刻の2時間
前には関空に到着し、諸手続きを済ませて5番ターミナルへと移動。30分前には機内で
待機し、定刻の00:30発TG673便はタイのバンコクへ向け離陸した。タイの時差2時間を
含めると6時間半のフライトで巨大なバンコク・スワンナプーム空港に着陸。トランジットの

カトマンドゥ・トリブバン空港
カトマンドゥ・トリブバン空港
滞在VISA

5時間余りを早朝の空港で目覚まし設定で仮眠する。3時間少々のうたた寝後コーヒー
ブレイクで目覚め、10:30発カトマンドゥ行きTG319便へチェックイン。時差1:15を含め
3時間のフライト。カトマンドゥ到着1時間前頃から右側の機窓にはヒマラヤ山脈が浮かび
否が応でも気分は盛り上がる。カトマンドゥ・トリブバン空港に到着後、一目散に滞在VISA

迎えの車で
FUJI:HOTEL
バスタブ付のツインルーム

申請窓口に並び$40支払って滞在VISAゲット^^)中々厳しいセキュリティチェックを済ませ
ターンテーブルから荷物を取り、予約していたFUJI:HOTELからの迎えでタメルへ向かう。
ホテルにチェックイン後、望トレックス&エクスペディションズの事務所に向かう。街中の
雑踏とクラクションの喧騒に驚きながら到着する。代表の米田さんからトレッキング同行の

雑踏と喧騒のタメル
望トレックス・オフィス
ガイドのラム氏

日本語ガイド"ラム氏"を紹介され最終のブリーフィング及び契約。その後、ラム氏の荷物
チェックを受けOKが出たので持参のザックにパッキング。ルクラへは翌朝一番のフライト
予定なのでラム氏と一緒にタメルの"桃太郎"で夕食を済ませ、早めの就寝とするのだが
夜中に腹痛で目が覚める。急いで下痢止めを服用し、そのまま5時の迎えを待つ事に^^)

画像クリックで拡大・縮小・移動:閉じる時も画像をクリック。

クリックするとわいどびゅう
TG319便からヒマラヤ山脈を望む(クリックするとわいどびゅう)

エヴェレスト街道トレッキング・ゴーキョ・ピーク《U》へ

homeへ