エヴェレスト街道トレッキング・ゴーキョ・ピーク《U》

山行日 2012.2.22(水)〜2012.3.5(月)
山域 ヒマラヤ山脈:ネパール・クーンブ地方サガルマータ国立公園(世界自然遺産登録)     
トレッキング
行程表
 1Day 2/22(水) 関空〜タイ:バンコク経由ネパール:カトマンドゥ・泊  2Day 2/23(木) カトマンドゥ〜ルクラ(2840m)〜パクディン(2610m)・泊
 3Day 2/24(金) パクディン(2610m)〜ナムチェ・バザール(3440m)・泊  4Day 2/25(土) ナムチェ・バザール高度順応日 シャンボチェの丘(3880m)
 5Day 2/26(日) ナムチェ・バザール(3440m)〜ポルツェ・テンガ(3680m)・泊  6Day 2/27(月) ポルツェ・テンガ(3680m)〜マッツェルモ(4470m)・泊
 7Day 2/28(火) マッツェルモ(4470m)〜ゴーキョ(4790m)・泊  8Day 2/29(水) ゴーキョ(4790m)〜ゴーキョ・ピーク(5360m)〜マッツェルモ(4470m)・泊
 9Day 3/01(木) マッツェルモ(4470m)〜ポルツェ(3810m)・泊 10Day 3/02(金) ポルツェ(3810m)〜タンボチェ(3860m)〜ナムチェ・バザール(3440m)・泊
11Day 3/03(土) ナムチェ・バザール(3440m)〜ルクラ(2840m)・泊 12Day 3/04(日) ルクラ(2840m)〜カトマンドゥ

↓画像クリックで拡大・縮小・移動:閉じる時も画像をクリック。

TaraAirのボーディングパス
各国からのトレッカー
混雑し始めた空港

ホテルからタクシー(Rs・400)を飛ばし空港に着いたのが6時前。何故か6時半の一番機の
予約は無視され団体に割り振られた?この辺り商売っ気丸出し^^)二番機が順調に飛べば
問題は無いのだが如何もルクラの天気がイマイチの様?此処からはネパリタイムに突入^^)

TaraAirツインオッター
いざ乗車
操縦席が丸見え

その間にも時折お腹の具合が・・^^)聞けばラム氏も同じ症状だとか、此れは昨夜の食事が
当ったか?それでも3時間少々空港ロビーで待機すると二番機が飛ぶとコールされ急いで
空港バスに乗り込む。ラム氏曰くとてもラッキーな事だそうだ。Tara Air・18人乗りのツイン

機窓にはヒマラヤ山脈が
エヴェレストが
ルクラ:テンジン・ヒラリー空港

オッターは飛行時間40分少々で機窓からヒマラヤ山脈を望みながらルクラはテンジン・
ヒラリー空港に無事着陸。この空港、世界で最も危険な空港として知られ、標高が高くて
乱気流や霧・靄が発生し易く、滑走路の長さは460m幅は20m勾配は12%と驚異的^^)

空港の向こうにはコンデ・リ前衛峰ヌプラ
離陸するツインオッター
ポーターのツィリン君

着陸にはこの勾配で減速、離陸にはこの勾配で加速するのだ^^)預けた荷物を受け取り
此処でポーターのツィリン君と合流。彼は16歳と若いがルクラ在住のシェルパ族なのだ。
既に11時を回ったのでルクラでブランチ、お腹の具合は薬が効いたのか収束気味だ^^)

ブランチのサニーガーデンレストラン
ゾッキョが行く
街外れのチェックポイント

ラム氏も随分回復したとかヨカッタ^^)今日はルクラから2時間程の徒歩でパクディン(Phak
ding:2610m)へと下って行きます。ルクラの街は道に沿って20軒以上のロッジ・土産物屋
銀行・カフェ・ベーカリー等が軒を連ね石畳の街道をゾッキョ(ヤクと牛の交配)が荷を運ぶ。

トレッキング許可証
トレッキング許可証・TIMS
暫くは下り道

街の北には鋭いピークを持つコンデ・リの前衛峰ヌプラ(5885m)。街外れにはトレッキング
許可証(TIMS)のチェックポイント。手続きは全てラム氏にお任せだ^^)此処から先は概ね
山腹を縫う様に続く下り道。ジャガイモや根菜類の畑の畦にはサクラソウの仲間が満開。

サクラソウの仲間
マニ石にマニ車
マニ石の壁

30分も下ればチェプルン(Chheplung)街道脇には大きなマニ石(Mani Stone)にマニ車
(Mani Wheels)チベット仏教の経文が書かれたり納められている。通過するには体の右
側から時計回りに歩きましょう。チェプルンを過ぎればタドコシ川(Thado Koshi Khola)に

タドコシ川に架かる吊り橋
対岸はガ−ト
クスムカングル(Kusum Khangkaru・6367m)

架かる吊り橋を渡りますが、長くて高く高所が苦手な私はへっぴり腰^^)渡り切ったガット
(Ghat)からは谷の東奥にクスムカングル(Kusum Khangkaru・6367m)が白く輝く。何でも
彼のエヴェレスト因りも登頂するのが困難な山だとか?ルクラを出発して1時間強が経ち

チュタワでティータイム
パクディン
今宵の宿はチベットゲストハウス

途中のバッティ(茶店)でティータイム。高山病の予防には水分補給が重要なのです。
予定よりゆっくり歩いた事でパクディンに到着したのが午後3時を少し過ぎた頃。宿は
ガイドのラム氏が指定し、ポーターのツィリン君が一足先行して押える形で進む様だ。

画像クリックで拡大・縮小・移動:閉じる時も画像をクリック。

エヴェレスト街道トレッキング・ゴーキョ・ピーク《T》へ エヴェレスト街道トレッキング・ゴーキョ・ピーク《V》へ

homeへ