エヴェレスト街道トレッキング・ゴーキョ・ピーク《V》

山行日 2012.2.22(水)〜2012.3.5(月)
山域 ヒマラヤ山脈:ネパール・クーンブ地方サガルマータ国立公園(世界自然遺産登録)     
トレッキング
行程表
 1Day 2/22(水) 関空〜タイ:バンコク経由ネパール:カトマンドゥ・泊  2Day 2/23(木) カトマンドゥ〜ルクラ(2840m)〜パクディン(2610m)・泊
 3Day 2/24(金) パクディン(2610m)〜ナムチェ・バザール(3440m)・泊  4Day 2/25(土) ナムチェ・バザール高度順応日 シャンボチェの丘(3880m)
 5Day 2/26(日) ナムチェ・バザール(3440m)〜ポルツェ・テンガ(3680m)・泊  6Day 2/27(月) ポルツェ・テンガ(3680m)〜マッツェルモ(4470m)・泊
 7Day 2/28(火) マッツェルモ(4470m)〜ゴーキョ(4790m)・泊  8Day 2/29(水) ゴーキョ(4790m)〜ゴーキョ・ピーク(5360m)〜マッツェルモ(4470m)・泊
 9Day 3/01(木) マッツェルモ(4470m)〜ポルツェ(3810m)・泊 10Day 3/02(金) ポルツェ(3810m)〜タンボチェ(3860m)〜ナムチェ・バザール(3440m)・泊
11Day 3/03(土) ナムチェ・バザール(3440m)〜ルクラ(2840m)・泊 12Day 3/04(日) ルクラ(2840m)〜カトマンドゥ

↓画像クリックで拡大・縮小・移動:閉じる時も画像をクリック。

朝食は
ヌプラに朝陽が
ドゥードコシ川

パクディンは谷間の集落なので朝日が当たるのは遅い。7時過ぎにアップルチャパティと
チャイ(ミルクティー)の朝食、食後荷物のパッキングを済ませて8時過ぎ宿を出る。今日は
シェルパ族の古里"ナムチェバザール"(Namche Bazar)迄の標高差800m余りもの登り。

吊り橋を渡り
休憩中のゾッキョ
水力発電所建つトクトクの村

高山病の症状が出る最初の難関だ。水分補給と歩行速度に気を配ろう。歩き始めて直ぐ
ドゥードコシ川(Dudh Koshi River)に架かる吊り橋を渡るが、突然"オハヨウゴザイマス"と
日本語の挨拶^^)振り向くと日本の方で"アルパイン・ツアー"でのトレッキング帰りだそうだ。

元気な子供達
無名の滝が
タムセルクが

エールを交わしゾッキョと一緒に吊り橋を渡ります。ドゥードコシとはミルクの意味だそうで
氷河を削った流れは確かに乳白色。やがて水力発電所建つトクトク(Toktok)無名の滝が
流れ落ちるベンカール(Bengkar)行く手右奥にタムセルク(Thamserku:6608m)が聳える。

ロバの軍団
ロバとゾッキョが入り乱れ
ストゥーパにタルチョはためく

ベンカールでティータイム。ロバやゾッキョ軍団を見送り吊り橋を渡ってチュモア(Chumoa)
もう一つ吊り橋を渡ればモンジョ(Monjo)北にはシェルパ族の聖なる山、クンビラ(Khumbi
Yul Lha:5761m)あの香川県琴平の金毘羅はサンスクリット語のクンビラが語源だとか^^)

シェルパ族の聖なる山クンビラ
国立公園管理事務所
国立公園管理事務所

モンジョから僅かでジョルサレ(Jorsale)此処からサガルマータ(Sagarmatha)国立公園域。
公園管理事務所が置かれパスポートにトレッキング許可証(TIMS)を提示し、エントランス
パーミット料(入域許可証)でRs・1000を支払います。そろそろ12時が近付いて来たので

ジョルサレの村
最後の吊り橋
荷を運ぶシェルパ達

ジョルサレでパンケーキとレモンティーのランチ。食後、更に二つの吊り橋を渡ると暫くは
ドゥードコシの河原歩き。正面にはドゥードコシ川とボテコシ(Bhote Koshi)川の合流近く
に架かる橋はナムチェ・バザールへの最後の吊り橋だが、600mもの高度差が待ってる^^)

ゾッキョやヤクが通ると
エヴェレスト展望台
雪煙上げるエヴェレスト・ローツェ クリックするとYouTube動画

大きな荷物を背負ったシェルパ族の人々やロバやゾッキョにヤクと共に、ザレて滑り易い
街道をゆっくり登る。ロバやゾッキョ・ヤクが通ると土埃が舞うのでマスクを付けるが今度は
息苦しくてペースが落ちる^^)それでも吊り橋を渡って40-50分登った頃、エヴェレストが

村の入口にはポリスセンターが
ナムチェ・バザールの村が
今日はバザール日

見える展望台へ着いた。随分と遠くでは在るが雪煙を上げるエヴェレストと右にローツェ
手前にはヌプツェが良く見える。此処まで来ればもう後30分程でナムチェ・バザール。
街の入口のコミュニティ・ポリス・センターで再び"TIMS"を見せ、森を抜けると石造りの

HOTELCAMAL
石畳を登り
国立公園事務所へのゲート

街並みが見えナムチェ・バザールに到着。今日は金曜日で午後からハート(定期市)が
開かれ野菜や果物、香辛料にお菓子、日用雑貨に灯油等生活用品の露店が並ぶ^^)
全てヤクやゾッキョ・ロバに人々が運び上げた物資なのだ。取り合えず荷物は今宵の宿

チョルクンの丘はビューポイント
チョルクンの丘はビューポイント
ナムチェ・バザールを俯瞰

HOTELCAMALに置いて高度順応の為、村の東側はチョルクン(Chhorkung)の丘に
登って見よう。村の上部に続く石畳を登る事15分少々で国立公園事務所へのゲート
ゲートを潜って進めば右手に軍の基地ですが直ぐ横に国立博物館。残念だが既に

ナムチェのベーカリー
夕暮れのバザール
コンデ・リに陽は落ちて

閉館しています。広々とした前庭からの展望が実に素晴らしい。村中からは望めない
エヴェレストを始めローツェ、ヌプツェ、アマ・ダブラム、タムセルク、クンビラ等の名峰を
一望する事が出来るビューポイント。展望を楽しみ宿に戻る前ナムチェ・バザールの
村中を見て回り、ベーカリーで買い食いしたり終りかけのバザールをブラブラでした^^)

クリックするとわいどびゅう
チョルクンの丘からヒマラヤを望む(クリックするとわいどびゅう&YouTube動画)
ヒマラヤ点描

クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
エヴェレスト・ヌプツェ・ローツェ アマ・ダブラム 6812m タムセルク 6623m
画像クリックで拡大・縮小・移動:閉じる時も画像をクリック。

エヴェレスト街道トレッキング・ゴーキョ・ピーク《U》へ エヴェレスト街道トレッキング・ゴーキョ・ピーク《W》へ

homeへ