エヴェレスト街道トレッキング・ゴーキョ・ピーク《W》

山行日 2012.2.22(水)〜2012.3.5(月)
山域 ヒマラヤ山脈:ネパール・クーンブ地方サガルマータ国立公園(世界自然遺産登録)     
トレッキング
行程表
 1Day 2/22(水) 関空〜タイ:バンコク経由ネパール:カトマンドゥ・泊  2Day 2/23(木) カトマンドゥ〜ルクラ(2840m)〜パクディン(2610m)・泊
 3Day 2/24(金) パクディン(2610m)〜ナムチェ・バザール(3440m)・泊  4Day 2/25(土) ナムチェ・バザール高度順応日 シャンボチェの丘(3880m)
 5Day 2/26(日) ナムチェ・バザール(3440m)〜ポルツェ・テンガ(3680m)・泊  6Day 2/27(月) ポルツェ・テンガ(3680m)〜マッツェルモ(4470m)・泊
 7Day 2/28(火) マッツェルモ(4470m)〜ゴーキョ(4790m)・泊  8Day 2/29(水) ゴーキョ(4790m)〜ゴーキョ・ピーク(5360m)〜マッツェルモ(4470m)・泊
 9Day 3/01(木) マッツェルモ(4470m)〜ポルツェ(3810m)・泊 10Day 3/02(金) ポルツェ(3810m)〜タンボチェ(3860m)〜ナムチェ・バザール(3440m)・泊
11Day 3/03(土) ナムチェ・バザール(3440m)〜ルクラ(2840m)・泊 12Day 3/04(日) ルクラ(2840m)〜カトマンドゥ

↓画像クリックで拡大・縮小・移動:閉じる時も画像をクリック。

朝陽射すコンデ・リ
朝のナムチェ・バザール
大きなマニ石

今日はナムチェでの高度順応日。目覚めも朝食もゆっくりだ^^)高度順応の為には高度を
上げる必要が有るので今日はシャンボチェ(Shangboche:3800m)の丘からクンビラの麓に
広がるクムジュンを回ってナムチェに戻るコース取り。9時を回ってからゆっくり登り始める。

シャンボチェの丘へ続く道
チョクルンの丘の軍施設では
バザール目当ての住民が多数

チョクルンの丘への分岐を右に見送り、更に登ると大きなマニ石。マニ石の向こうでシャン
ボチェの丘とエベレスト街道のキャンズマ(Kyanjuma)方面の分岐。勿論、シャンボチェへ
向かうがザレて滑り易い上に結構な急斜面に青息吐息^^)振り返ると昨日登ったチョクルン

チャーター機専用のシャンボチェ空港
シェルパパノラマリゾートHからの眺め
遠くにエヴェレストやローツェ・アマ・ダブラムが

の丘の軍施設で兵士達が訓練しているのが見える^^)クムジュン方面から沢山の村人達が
降りて来るのはバザール目当てなのだろう。やがて尾根に乗れば辺りは草原地帯。左に
チャーター機用のシャンボチェ空港。右上にはシェルパ・パノラマリゾート・ホテルが建ち

ヤクやゾッキョの放牧地を通り
石段を登れば
瀟洒なホテル・エヴェレストビュー

ホテルの庭越しにタウチェ(Tawche:6542m)を始めヌプツェ、エヴェレスト、ローツェ、アマ・
ダブラム等とクーンブ・ヒマールの展望台。ホテルの庭前から北へ続く街道をホテル・エヴェ
レスト・ビューへと向かいましょう。既に富士山(3776m)を越えて3800m辺りでしょうね^^)

エントランスには
ダイニングの大きなガラス窓越しに
テラスでのコーヒータイムは

ヤクやゾッキョの放牧地を過ぎると木立の中に瀟洒な建物。経営はヒマラヤ観光開発(株)
社長は宮原巍(たかし)。石段を登りエントランスに一歩足を踏み入れると3880mの文字。
ダイニングの大きなガラス窓越しにはヒマラヤの峰々、テラスにてコーヒーを頂けば至福の

写り込むクーンブヒマール
クンビラ山麓のクムジュンへ
個性豊かなアマ・ダブラム

時が流れる^^)1時間近くものんびりしたでしょうか?去り難い腰を上げてクムジュンの村へ
ホテルの玄関前から緩やかに下り始めると、クンビラの麓のなだらかな斜面に畑や緑色に
統一された屋根に白い石造りの街並みが美しいクムジュンの村が望める。30分も下れば

クムジュン村の広場
ランチタイムはフライドポテト卵乗せ
ゴンパ(チベット仏教寺院)

ストゥーパ(仏塔・チョルテン)建つ広場。此処でのランチタイムはフライドポテト卵乗せ。
高地のジャガイモは美味ですね。食後にガイドのラム氏知り合いのシェルパ家を訪問し
チャイをご馳走になった。村の北側にはイエティ(雪男)の頭部(今は盗難で消失)が保存

ストゥーパ(仏塔・チョルテン)建つ広場
エドモント・ヒラリー卿が建てた学校
振り返ってみるクムジュンの村

されていたゴンパ(チベット仏教寺院)再びストゥーパ建つ広場へ戻れば経文が刻まれた
マニ石の長い列に沿って南へと向うと、エヴェレストに初登頂したエドモント・ヒラリー卿が
建てた大きな学校。運動場を過ぎればシャンボチェの尾根へと続く緩やかな登りが始る。

峠には白いチョルテン(仏塔)
バザール帰りの住民達と
ナムチェ・バザール俯瞰

辺りに放牧されたヤクにゾッキョが草を食む。登り詰めた峠には白いチョルテン(仏塔)が
建ち、振り返れば雲に覆われたエヴェレストにローツェ、アマ・ダブラムの特徴的な山姿
バザールで仕入れた大きな荷物を背負った人々と擦れ違い、ナムチェの村に戻った。

クリックするとわいどびゅう
ホテル・エヴェレストビューのテラスからヒマラヤを望む(クリックするとわいどびゅう&YouTube動画)
ヒマラヤ点描

コンデ・リとナムチェ・バザール
H・エヴェレストビュー テラスから
ローツェとアマ・ダブラム
コンデ・リとナムチェ・バザール H・エヴェレストビュー テラスから ローツェとアマ・ダブラム
画像クリックで拡大・縮小・移動:閉じる時も画像をクリック。

エヴェレスト街道トレッキング・ゴーキョ・ピーク《V》へ エヴェレスト街道トレッキング・ゴーキョ・ピーク《X》へ

homeへ