エヴェレスト街道トレッキング・ゴーキョ・ピーク《XI》

山行日 2012.2.22(水)〜2012.3.5(月)
山域 ヒマラヤ山脈:ネパール・クーンブ地方サガルマータ国立公園(世界自然遺産登録)     
トレッキング
行程表
 1Day 2/22(水) 関空〜タイ:バンコク経由ネパール:カトマンドゥ・泊  2Day 2/23(木) カトマンドゥ〜ルクラ(2840m)〜パクディン(2610m)・泊
 3Day 2/24(金) パクディン(2610m)〜ナムチェ・バザール(3440m)・泊  4Day 2/25(土) ナムチェ・バザール高度順応日 シャンボチェの丘(3880m)
 5Day 2/26(日) ナムチェ・バザール(3440m)〜ポルツェ・テンガ(3680m)・泊  6Day 2/27(月) ポルツェ・テンガ(3680m)〜マッツェルモ(4470m)・泊
 7Day 2/28(火) マッツェルモ(4470m)〜ゴーキョ(4790m)・泊  8Day 2/29(水) ゴーキョ(4790m)〜ゴーキョ・ピーク(5360m)〜マッツェルモ(4470m)・泊
 9Day 3/01(木) マッツェルモ(4470m)〜ポルツェ(3810m)・泊 10Day 3/02(金) ポルツェ(3810m)〜タンボチェ(3860m)〜ナムチェ・バザール(3440m)・泊
11Day 3/03(土) ナムチェ・バザール(3440m)〜ルクラ(2840m)・泊 12Day 3/04(日) ルクラ(2840m)〜カトマンドゥ

↓画像クリックで拡大・縮小・移動:閉じる時も画像をクリック。

雪煙上げるコンデ・リ
早朝のバザール風景
ナムチェを後にして

いよいよエヴェレスト街道トレッキングも最終日を迎えました。今日は往路で二日掛かった
ルクラ迄一日で戻ります^^)輝くコンデ・リに別れを告げハート(市)の準備に忙しいナムチェ
バザールを後にします。下りは早いもので登りで40分近く掛かった道程を僅かに25分で

エヴェレストビューポイント
今日も見えたエヴェレスト
大きな荷を背負ったネパリ

エヴェレスト展望台へと戻った^^)今朝も天気が良くて樹間から雪煙上げるエヴェレストが
見送ってくれ、名残惜しいが今日で見納めなのだ。ドゥード・コシ川に架かる吊橋迄の
ザレた急坂は、大きな荷を背負ったネパリ達やトレッカーが行き交い賑やかだ。最初の

ドゥード・コシ川に架かる吊橋
タド・コシ川の流れ
ジンチョウゲ?

吊橋を渡り河原に降り立ち、振り返れば遥か上にコンデ・リ峰。流れは雪解け水を集めて
勢い良く流れてる。次の吊橋を渡る手前に見覚えある?花が咲いている。ジンチョウゲに
良く似てるが香りは幾分弱いかな?再びタド・コシ川を渡り、5分歩けばアーミーチェック

タド・コシ川を渡る
アーミーチェックポスト
ラジャ・ドバン

ポスト。チェックポストを過ぎればラジャ・ドバン(Larja Dobhan)石工が手仕事でロッジの
石垣を加工している。再びドゥード・コシの吊橋を渡ると、古材を使っての新築工事中。
太い柱が無く壁で支えるツーバイフォー建築の様に見えるね。やがてサガルマータ国立

新築中?
国立公園管理事務所に
ジョルサレを通り過ぎ

公園管理事務所に戻って来ました。ラム氏が往路で支払ったエントランス・パーミットの
領収書を見せ戻って来た事を報告します。そのままジョルサレ村を通り過ぎ、チュモア村
モンジョ村を通過。再び吊橋を渡るとベンカール。往路で休憩したウォーター・フォール

ベンカールへ
蕾のラリグラス
球咲きサクラソウ

ロッジで休んでいると見覚えのある青年が戻って来る。何とエヴェレスト・ビュー・ホテル
で出会った東京のI君^^)同じ日ナムチェを出発し此方はゴーキョ、彼はカラパタールへ
向ったのだが、再び出会うとはやはり若さ故の健脚か?!再会を祝して握手で再び分れ

ラリグラス
ホーストレック?
遠くにパクディンが

トクトクへ。ベンカール辺りでは蕾だったネパール国花・ラリグラス(シャクナゲ)もトクトクを
過ぎればちらほら咲き始めている。突然後から馬の足音が聞こえて来たかと思うが早いか
馬に跨った二人連れが駆け抜けて行った^^)やがて川向こうにトレッキング初日に泊まった

渡ればパクディン
チベットハウスで昼食
フライドポテト卵乗せ

パクディンが見えて来ました。吊橋を渡り往路で泊まったチベットゲストハウスで昼食。
ナムチェを出発して4時間半が経ちました。昼食にはコーヒーにフライドポテト卵乗せ
ゆっくり昼食を済ませルクラへ向かいます。チュタワを過ぎる頃ナムチェに向かう多くの

蓼科山荘のご主人・石田さん
ガットへ
最後の吊橋

トレッカーが遣って来た。って言う事は、今日のカトマンドゥ-ルクラ間のフライトは無事に
降り立った様だ。何人かと出会った日本人の方と話をする中に、何と蓼科山荘の小屋主
石田冲さんと出会う。今日から3週間掛けてトレッキングを楽しむそうだ^^)ガットを通り抜け

ホーストレック?
遠くにルクラが
刈り取った笹を運ぶ

タドコシ川の吊橋を渡ればチェプルン。チェプルンからルクラへは高度差200m弱の登り。
村の入口に先程の馬が2頭、乗り手は休憩中かな?しかし此処へ来ての登りは堪えるね。
それでも遠くにルクラを確認すれば少しは足取りも軽くなる。突然前方で動く緑の物体発見

着生ラン
チェプルンへ
ジリへの分岐

良〜く見れば刈り取った笹を目一杯背負ったネパリだった^^)家畜の肥料なんだろうか?
ふと、白く大きな花が目に入った。花は純白で唇弁が黄色い着生ランだ(帰国後調べると
セロジネの仲間?)やがてジリへの分岐点のチェプルン。確か昨秋の悪天候で一週間も

大きなジンチョウゲの木
もう少しでルクラ
戻って来たルクラ

フライト無くて足止めを食らった3千名程のトレッカーの一部は此処から徒歩で下山した
そうだ(因みにジリ迄4-5日^^)最後の坂をユックリ登ると漸くルクラのゲートが見えて来た。
街中の石畳が濡れているのは雨でも降ったのだろうか?そう言えばここ連日、午後には

ルクラの街
サニーガーデンロッジ
エヴェレストビールで乾杯

天気が下り坂傾向。今夜の宿はトレッキング初日に昼食を摂ったサニーガーデンロッジ。
明日のフライトチケットは宿の主人がリコンファーム済みだ。部屋に荷物を置き取り合えず
無事の帰着を祝ってEVEREST・BEERで乾杯^^)明日は是非カトマンドゥに戻りたいね。

エヴェレスト街道の花達

クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
プリムラ・グラキリベス プリムラ・デンティキュラタ プリムラ・プリムリナ
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
クリックで拡大・移動
ダフネ・オドラ(ジンチョウゲ) ラリグラス(シャクナゲ) セロジネ・クリスタータ?
画像クリックで拡大・縮小・移動:閉じる時も画像をクリック。

エヴェレスト街道トレッキング・ゴーキョ・ピーク《]》へ エヴェレスト街道トレッキング・ゴーキョ・ピーク《XII》へ

homeへ