古代文明の十字路・シリア:ヨルダン 2010.6.10〜18  

第1日目 関西空港〜ドーハ(カタール) 第2日目 ドーハ〜ダマスカス〜パルミラ(シリア)
第3日目 パルミラ遺跡観光〜ダマスカス(シリア) 第4日目 ダマスカス観光〜ボスラ観光〜国境〜アンマン(ヨルダン)
第5日目 アンマン〜マダバ:ネボ山観光〜死海〜ペトラ 第6日目 終日ペトラ遺跡観光(ヨルダン)
第7日目 ペトラ〜ワディ・ラム観光〜アンマン 第8日目 アンマン観光〜ドーハ(カタール)
第9日目 ドーハ〜関西空港

キャンドルの灯りの中で:ペトラ・バイ・ナイト SYRIA_JORDAN Indexへ

デザートハイウェイを南下 午後3時を過ぎ、死海を後にして砂漠の真っ只中デザートハイウェイ
(砂漠の道)を南へと走り続け途中トイレ休憩を挟みながら4時間近く

を掛けて、夕日に染まり始めたワディ・ムーサの町へ入った。今宵の
ホテルはGUEST-HOUSE。何とペトラ遺跡へ一番近いホテル^^)
そうそう、車内で地球の歩き方を読んでらした単独参加の旅行者の
方がペトラ・バイ・ナイトの記事を読まれ、添乗員のK氏に参加可能

か如何か聞いてらっしゃる。当方も既に読み知ってはいたが時間的
に無理だろうと思っていたのだが、何と記事より1時間遅い20:30の
夕暮れ間近のワディ・ムーサ
今宵の宿はGUEST-HOUSE 集合なので間に合うそうだ(ラッキー^^)ホテル到着後荷物を解いて
夕食会場に向かいます。今回連泊なので夜と昼間のペトラ遺跡を

ゆっくり堪能出来そうだ^^)夕食後、集合時間の15分程前にペトラ
ビジターセンター前に集合。既に沢山の参加者が集合している。
因みに同じツアーから12名が参加だ。トータルでは100名近くの
参加でしょうか?主催者からの歓迎の言葉と注意事項の説明。

多分、漆黒の闇に浮かぶ灯りと静寂を楽しむので懐中電灯無用
無駄なお喋り禁止と仰ってるのでしょう?^^)では、出発しましょう。
ペトラ・バイ・ナイトへGO!!

キャンドルの灯りの中で・ペトラ・バイ・ナイト

ペトラ遺跡
ペトラ遺跡
1812年、英国系スイス人の探検家ヨハン・ルートヴィヒ・ブルクハルトによって発見。

紀元前6世紀頃からナバテア人が住むようになりナバテア王国を建立。
アラビア近辺の交易の要所として栄えたが紀元前1世紀から紀元後1世紀にかけて
ローマの属国となりローマ人の手により凱旋門や列柱街道などローマ式の街が造られた。
高さ39.1m、幅25.3m、紀元前30年〜9年?頃に建造。

1985年ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録。

 homeに戻る