古代文明の十字路・シリア:ヨルダン 2010.6.10〜18  

第1日目 関西空港〜ドーハ(カタール) 第2日目 ドーハ〜ダマスカス〜パルミラ(シリア)
第3日目 パルミラ遺跡観光〜ダマスカス(シリア) 第4日目 ダマスカス観光〜ボスラ観光〜国境〜アンマン(ヨルダン)
第5日目 アンマン〜マダバ:ネボ山観光〜死海〜ペトラ 第6日目 終日ペトラ遺跡観光(ヨルダン)
第7日目 ペトラ〜ワディ・ラム観光〜アンマン 第8日目 アンマン観光〜ドーハ(カタール)
第9日目 ドーハ〜関西空港

気分はアラビアのロレンス・ワディ・ラム SYRIA_JORDAN Indexへ

スモール・ペトラを望む 二日間に渡って楽しんだペトラを後にして午前8時にバスは出発。
ワディ・ムーサの街を抜け、スモール・ペトラを望める高台で停止。

写真撮影を済ませ今日の目的地。"アラビアのロレンス"の舞台は
ワディ・ラムへと向かいます。ヨルダン唯一の港町アカバへと続く
デザート・ハイウェイを一路南下。ワディ・ラムへの分岐が近付くと
線路に平行して走ります。そう、この鉄道こそアラビアのロレンスが

アラブ独立を目指して戦ったオスマン・トルコ軍のヒジャーズ鉄道。
今はマアーンで産出されるリン鉱石をアカバへと運ぶアカバ鉄道。
平行に走るのはアカバ鉄道
ワディ・ラムの管理ゲートが やがて正面に巨大な岩山が聳え手前に立派な建物が建ってる。
此処がワディ・ラムの管理ゲート。乗客全てバスを降りてビジター

センターへと向う。前に聳える岩山はT・E・ロレンスの著書で一躍
有名になった"知恵の七柱"観光客は4WDに乗換え砂漠を走る。

気分はアラビアのロレンス・4WDで回るワディ・ラム

アラビアのロレンスの舞台:ワディ・ラム
ワディ・ラム"知恵の七柱"
アカバの北にあり、25km×5kmもの広大な砂漠地帯。
ラムという山に囲まれた谷(ワディ)を指す。
岩に刻まれた古代の絵や文字、遺跡群が1万2000年の時を越えて
人類の歴史を伝えている場所です。

月の谷とも称されるワディラムはアラブのファイサル・ビン・フセイン王子と
T・E・ロレンスが第一次世界大戦中にオスマン・トルコ軍に対し
アラブ独立を決起した時に本拠を置いた場所です。

2011年ユネスコの世界遺産(複合遺産)に登録。

 homeに戻る