日本百名山:八幡平(1613m) 2007.9.15

八幡平(はちまんたい)

八幡平(はちまんたい)は奥羽山脈北部の山群。
岩手県:秋田県にほぼ等面積で広がる楯状火山跡です。
広い高原上のあちこちに様々な形の火山起源の小さなピークが聳え
その間に無数の沼や湿原が点在する。最高地点の標高は1613m。

詳しい情報は八幡平市観光協会のホームページへどうぞ。

山頂まで僅かに1,9km
遊歩道
ガマ沼

奥入瀬渓流でゆっくりノンビリし過ぎたのか^^)帰りの飛行機の時間を気にしながらの
八幡平散策。まあ、見返り峠から遊歩道を急ぎ足で歩けば、30分弱で山頂です^^)
生憎のお天気で山頂からは全く展望は得られませんでした。帰路は反対周りでした。

ガマ沼展望台
八幡沼
八幡平山頂

「日本百名山から」
しかし、八幡平の真価は、やはり高原逍遥にあるだろう。
一枚の大きな平坦な原ではなく、緩い傾斜を持った高低のある高原で
気持ちのいい岱を一つ横切ると、みごとな原始林へ入ったり、一つの丘を越すと
思い掛けなく沼があったりして、その変化のある風景がおもしろい。


正面に岩手山:展望台から
正面に岩手山:展望台から