なまはげの郷:男鹿半島 2007.9.13

男鹿半島

男鹿半島(おがはんとう)は、秋田県西部にある日本海に突き出た半島。
元々は離れ島だったが、米代川、雄物川から運搬される土砂により陸続きとなった。
半島南東部の海岸を中心に断崖が続き、半島の付け根には八郎潟があります。
半島全体が男鹿市で全域が国定公園に指定されています。

男鹿半島と言えば"なまはげ"が有名な所として知られています。
真山、本山、毛無山は男鹿三山と呼ばれ、古くから山岳信仰の霊場とされています。

詳しい情報は男鹿市観光協会のホームページへどうぞ。

八望台から見る寒風山
八望台から見る寒風山
山姿からもアスピーテ火山特有のなだらかな様子が見て取れます。

寒風山
寒風山回転展望台
寒風山
半島中央部に聳える標高354.8mの寒風山
約2万年前に生成されたと言われる休火山
周囲がすべて緑の芝生に覆われている。
寒風山回転展望台
7分で1回転する回転展望台からは
大潟村、鳥海山、白神山地、入道崎と
360度の大パノラマを満喫出来る。

寒風山から見る八郎潟
寒風山から見る八郎潟
この日は午後遅くだったので入道崎方向は逆光で良く見えませんでした。

八望台
一ノ目潟
戸賀湾と二ノ目潟
八望台
高松宮殿下が命名した「八望台」は
眼下に戸賀湾や火山湖の一ノ目潟
二ノ目潟を望める景勝地です。
一ノ目潟

マール(爆裂火口に地下水が溜まった湖)と
呼ばれる世界的にも珍しい火山湖です。
戸賀湾と二ノ目潟
一ノ目潟、二ノ目潟と同じ噴火による
爆裂火口跡に出来た湾で
その昔は四ノ目潟と呼ばれていました。

入道崎(埼)

男鹿半島北西端に位置し、1898年(明治31年)に建造された入道埼灯台があります。
灯台は白黒の縞模様が一際目を引き岬のシンボルとなっています。
付近には海岸段丘が発達しており、日本海の荒波の侵食によって築かれた
落差30mもある荒々しい海岸美を見せる。対称的に地上には穏やかな草原が広がる。

詳しい情報は男鹿市観光協会のホームページへどうぞ。

入道崎(埼)灯台

北緯40度のモニュメント
入道崎(埼)灯台
高さ27.92mの灯台から15秒おきに発光する
光は20海里(約37km)先まで到達します。
"崎"や"埼""岬"等色々な名で呼ばれていますが
バス停表示は"岬"戦前陸軍が"崎"海軍が"埼"を
使用していたことに由来。昭和26年6月改築された。
灯台には登れますが時間が遅くて閉まっていました。
北緯40度のモニュメント

此処、入道崎は北緯40度線上に位置します。
このモニュメントは男鹿半島より産出される
安山岩により造形されています。
左:西、右:東、手前が南で正面が北を指してます。

クリックするとわいどびゅう
入道崎(埼):日本海に沈む夕陽(クリックするとわいどびゅう)

日本海に沈む夕陽1
日本海に沈む夕陽2
日本海に沈む夕陽3
入道崎(埼):日本海に沈む夕陽
日本海に沈む夕陽と刻々と変わっていく空や海の色が感動的。

潮瀬崎
潮瀬崎
磯釣りのメッカとして県内外から多くの釣り人が訪れる潮瀬崎。
潮瀬崎はその名の通り潮の流れが激しく、岩に砕ける波濤の中に奇岩怪石が立ち並ぶ。

ゴジラ岩
帆掛島
ゴジラ岩
シルエットがゴジラに似ていると
言うので1995年に命名された。
潮瀬崎灯台に向かって歩くと右手に現れる。
帆掛島

一番大きな岩が帆を揚げた船の姿に似ている帆掛島
椿漁港と門前漁港のほぼ中間に位置する。

なまはげ

"なまはげ"は大晦日に秋田県の男鹿市と三種町、潟上市の一部の
家々で行われる伝統的な民俗行事。本来は小正月の行事だった。

冬に囲炉裏に当っていると手足に"ナモミ"という火傷が出来る。
ナモミが出来ると言う事は怠け者の証拠。それを剥いで怠け者を懲らしめ
災いを祓い福を与える"ナモミはぎ"から"なまはげ"と呼ばれる様になった。

詳しい情報はなまはげ館のホームページへどうぞ。

男鹿真山伝承館

なまはげ館
なまはげ館

男鹿の民族行事として知られる"なまはげ"を
判り易く紹介
。市内各地域の様々な面も実物展示。
"なまはげ"に変身出来るコーナーも有ります。
男鹿真山伝承館

伝承館は男鹿地方の典型的な曲家(まがりや)民家。
此処で古い伝統と仕来たりを厳粛に受け継いでいる
真山地区の"なまはげ"の習俗が体感出来ます。

なまはげライブ
なまはげライブ
なまはげライブ
なまはげライブ
先立が事前にその家の主人になまはげを
入れても良いか、否かを確認する。
合図を確認すると、恐ろしい形相の鬼が
藁蓑をつけ、大きな出刃包丁を手に
「ウォー、ウォー」と奇声を上げながら
「泣ぐ子はいねが」「なまげ嫁はいねが」と
家中を練り歩きます。
主人が荒れ狂うなまはげを宥めて
丁重に持成し、なまはげに膳を添える。
なまはげライブ
なまはげライブ
なまはげライブ
なまはげが帳面を広げ家族の
面々の日々の行動を読み上げ
怠けている事柄を諌めます。
来た時以上に激しく家中を
縦横無尽に暴れまくります。
主人が宥めると、なまはげは
元気で真面目にやれよ
来年もまた来るからな、と
言って家を去って行きます。

クリックするとわいどびゅう
なまはげ館(クリックするとわいどびゅう)
男鹿市内約六〇地区において、”なまはげ”の行事が行われているそうですが
その地区によって面、衣装等が異なる、その実物が勢揃いして展示しています。

男鹿温泉郷入口には巨大な"なまはげ"
JR男鹿線:男鹿駅
JR男鹿線:男鹿駅.開業は大正5年12月16日
駅前の"なまはげ"飾り
男鹿温泉郷入口には巨大な"なまはげ" 駅前の"なまはげ"飾り
JR男鹿線:キハ40形気動車
JR男鹿線:キハ40形気動車 側面に"なまはげ"が描かれています。