晩夏の十和田湖・奥入瀬渓流 2007.9.15

十和田湖

十和田湖は秋田県鹿角郡・青森県十和田市両県に跨る、典型的な二重カルデラ湖。
面積は約61kuで東西南北共に約10km。周囲約46km水深は327mで日本第三位。
透明度は15m。特別名勝及び天然記念物に指定され周辺の奥入瀬渓流や
八甲田火山群と共に、十和田八幡平国立公園に指定されています。

詳しい情報は十和田湖観光情報のホームページへどうぞ。

東側湖畔から望む朝靄の十和田湖
東側湖畔から望む朝靄の十和田湖

御前ヶ浜
乙女の像:高村光太郎作
御前ヶ浜

十和田湖畔遊歩道から御前ヶを抜けると
乙女の像、その奥に十和田神社があります。
乙女の像:高村光太郎作

昭和28年に国立公園指定15周年を
記念して立てられたそうです。
光太郎独特の荒々しい彫刻のタッチで
これが光太郎最後の作品となったようです。

奥入瀬渓流

十和田湖唯一の流出河川で、子ノ口(ねのくち)から焼山へ流出する
約14kmの奥入瀬川の渓流です。柱状節理の岩壁や渓畔林に囲まれた見事な
渓流美を見せる。渓流沿いには車道と共に遊歩道が整備され、渓流沿いには
銚子大滝を始め幾つもの滝が点在し、"瀑布街道"とも呼ばれています。
東北随一の渓流美を誇る奥入瀬渓流は、四季折々変化に富んだ 美しさを見せてくれます。


奥入瀬渓流:銚子大滝
奥入瀬渓流:銚子大滝

幅約15m、落差7mの奥入瀬川の本流では唯一の滝です。水量が多いので豪快な景観を作っている。
落差と水量の多さ為此れより上流に魚が上れず、十和田湖には魚が棲まなかったと考えられています。

渓流沿いの遊歩道
銚子大滝
渓流沿いの遊歩道 銚子大滝

白銀の流れ
阿修羅の流れ
白銀の流れ

裸渡橋付近から。大小様々な岩が水流を
掻き混ぜ白く輝いて流れています。
阿修羅の流れ
九十九島で細かく分かれた流れが一気に
合流して激しい瀬を造り出している、。
奥入瀬渓流でも最も美しいとされる景勝地 。

寒沢の流れ
九段の滝
白糸の滝
寒沢の流れ

銚子大滝の傍にあり流れは縦に
勢いをつけながら流れ下る。
九段の滝
長い歳月によって崖が侵食され
複雑な地層に沿って階段状に削られた
上を滑るように流れ落ちている。
白糸の滝
女性的で繊細な流れが印象的な滝
風が出ると、滝全体がかすかに揺らぎ
その様が乙女の姿を連想させるそう。