神戸ルミナリエ KOBE LUMINARIE

神戸の冬を彩る風物詩として知られるようになった神戸ルミナリエ
平成7年(1995年)に発生した阪神淡路大震災で犠牲となった人々の鎮魂と
街の再生を願って平成7年(1995年)12月に初めて開催されました。
今では開催期間中(約2週間)300万人以上の人々が訪れます。



   
   
   
   
   
   
   
   
1995第1回 1996第2回 1997第3回 1998第4回
テーマ・夢と光 テーマ・賛歌輝けるときを求めて テーマ・大地の星たちに捧げる テーマ・光の星空
クリックするとスライドショウ
1999第5回 2000第6回 2001第7回 2002第8回
テーマ・ピュアな光の下で テーマ・光の永遠 テーマ・光の願い テーマ・光のぬくもり
2003第9回 2004第10回 2005第11回 2006第12回
テーマ・光の地平線 テーマ・神戸 光の都 テーマ・光の第二章 テーマ・空の魅惑
2007第13回 2008第14回 2009第15回 2010第16回
テーマ・光の紀元 テーマ・光のインフィニート テーマ・光の抱擁 テーマ・光の心情
2011第17回 2012第18回 2013第19回 2014第20回
テーマ・希望の光 テーマ・光の絆 テーマ・光の記憶 テーマ・神戸 夢と光
2015第21回 2015第22回
テーマ・心の中の神戸 テーマ・光の叙情詩

神戸ルミナリエの詳しい情報はこちら

このページの写真は一眼レフ、コンデジ画像が混在しています。